東洋経済オンラインさんに「性的指向を変えたい人」について記事にしていただいた

この度、東洋経済オンラインさんの連載「ボクらは貧困強制社会を生きている」に私のセクシャリティの悩みについて載せていただきました。私が年収300万ある部分”だけ”を見れば貧困とは言えないが、私の訴えに真摯に耳を傾けてくださった記者と東洋経済新報社さんに本当に感謝です。

https://toyokeizai.net/articles/amp/375708?page=3

Yahooニュース(掲載期間は終了した)に多数コメントがついて、沢山の人に読んでいただいたと嬉しく思います。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4eeed704aa44f86cfe83c91a87206c5372101283

私みたいな人(クロス・オリエンテーション?)は結構いる

私と同じようなセクシャリティの方のコメントを一部紹介します。共感もしていただいた。

セクシャリティは「個性」or「生きづらさ」となる二つのケースがある

コメントの一部を紹介する。

この方ですね。気持ちは痛いほど分かります。

ナジャ・グランディーバ 親孝行と家族観について語る「ゲイが治る薬があるなら買うと思う」

(コメント内のLGBTは病気・アブノーマルという表現は気分を害する方もいるので控えてもらえると幸いです)

本当に性的指向を変更することは無理なのか?

 このような話へ「性的指向は絶対に変えられません」とコメントする人がいる。しかし、変えられないことを科学的に証明したんだろうか?そもそも、不可能なことの証明なんて無理だ。現に、性的指向が後天的に変わるケースは存在する性的流動性と調べればいくつか出てくる。

 そもそも、今はゲイ(あるいはレズビアン)としてオープンに生きている人も、人生の中で葛藤があったと思う。仮に、選択肢が出来たとしても、選ばない人も勿論いるだろう。しかし、「全ての」当事者にとって、「異性愛者になることも出来る」というように、選択肢が”複数あること”は救いになる

 気になったのは、LGBT団体や活動家で今回の記事についてネットで言及している人は、私の知る限り一人もいない。普段から彼らはセクシャルマイノリティと”貧困”・”生きづらさ”のテーマをチェックされているのにだ。自分と異なる意見でも、当事者の代弁者として議題に取り上げていただきたい。マイノリティのマイノリティとは本当に生きづらい。

まずはこういう人がいることをたくさんの人に知ってもらうことからだね。

関連記事↓

“恋愛対象と性的対象が一致しない”セクシュアリティの苦悩。「矛盾した感情に、毎日がストレスフル」

マスコミ関係・ライターの方で「この人、気になる」と思った方、お気軽に声をかけていただければ甚大です。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です