オナ禁上級者:経験人数を増やすにちょっと待った!

こんにちは、Lです。

今回は中級者(スーパーサイヤ人期)の陥りがちな罠についてお話しします。

 

モテてくると、よっしゃ早速女性を誘うべ!ってなります。

しかし、オナ禁してモテまくって経験人数を増やす。これにちょっと待ってと言いたい

 

「おいおい、こんだけオナ禁させておいてそりゃナイぜ」と言われるかもしれません。

 

しかし、ちょっと考えてください。

 

かつて、羨ましがりながらも見下していたヤリチンと同じことならないでしょうか?

得たエネルギーで、女性を裏切ってヤリ捨てて泣かせることはしないで欲しい。

「いや、俺らは同意の上で一夜限りの関係だ」となれば、まだ良いのかもしれないが。

 

しかし、こんなに経験人数を増やすことがいいのだろうか?

昔のライフタイルから変えると問題が起きる説で考えれば、こんなに経験人数が増えることは昔にはないのではないでしょうか?

現代のような避妊具(コンドームやピルなど)も避妊率は低いだろうし、排卵周期の知識も不十分です。

何度か性交渉を持てば、いずれ妊娠したはずです。

 

私の周りだけかもしれないが、経験人数が多い人は、自分のプライドを満たすための道具として見ている。次第に、そういう道具としてしか見れなくなるのかもしれない。

 

このブログの女性はよく考察されています。勉強になりました笑

papuriko.hatenablog.com

 

女性とは自分の力を誇示するための道具ではないです。

オカルトの類は信じないですが、因果応報というか、他人にしたことは他人からされても仕方ないと思っている。別の女性から金をくれる道具(ATM)扱いをされて捨てられても、仕方がないですね。

 

私に本気かやり捨てかの判断はできないし、力づくで止めることもできないですが、そういう覚悟はしてほしいです。

 

「でも、動物の世界でもハーレムあるじゃん」

しかし、

ライオン「君はスタイルは素晴らしいが性格は嫌い。だから、君と子供を作る気はないからコンドームをつけるよ」なんてないですね。

関係を持ったからには、妊娠すれば子供も育てるでしょう。責任があります。

 

これは感覚的なものですが、  スーパーサイヤ人状態は、根拠ある自尊心まで満たされていない気がします。フェロモンを武器にハイな状態でとりあえず可愛い女性とヤりたいみたいな気持ちになります。

(それを成し遂げるだけ気が大きくなり、フェロモンも出ているから案外成し遂げられてしまうのですが…。)

そうなると、やることをやった後ふと冷静になった時に、真剣な恋愛関係を気づけない相手ならば、やはりちょっと待ったと言いたい。

自信がつけば、好みも変わるのだ。

もともとオナ禁に行きつく人は、これまでの人生がうまく言っていないケースが多いと思います。その場合、この傾向がより強いと思います。

 

精神状態で好みが変わる例を挙げるのならば、ストレスかかかっている時に暴飲暴食で食べたくなるものと、家でゆっくりしてストレスがない時に食べたくなる物が違うでしょう。たまには、健康のことも考えてとかなりますよね?

そして、暴飲暴食の後には後悔が残りませんか?

 

オナ禁の活力を糧に自分のするべきことや元々したかったことを頑張ることで、自尊心の回復に役立ててほしいです。 

そして、もう少し冷静に自分のことを見れる状態まで待ってほしいです。

 

勿論、付き合って見ないと分からない部分もあるからね。表面的に良い人はいるし、思っていたことと違うということは若いうちはありえます。

しかし、相手の事がわかって、責任を持てるまでは性交渉しなくても良いでしょう。

 

さらに、冷静になるまで待つことにはさらにいい効果があると思う

経験人数が少ない方が結婚した時に、幸福度が高いという報告もあるようだ。

「それは、みんなとやる楽しみを知らないだけな悲しい人生」と反論が来るかもしれない。

しかし、快楽によっては知らない方が幸せに暮らせることもある気がする。 子供の健全な情緒を育てる上では、安定した家庭が必要だろう。幸福度の高い家庭の方が、子供の健全な成長に役立つ。 その延長に脳の発達があり、学力やスポーツの才能にも恵まれやすいという統計データが得られればさらに面白い。 

この説が本当なら、オナ禁して快楽に走らないことと等価交換に子孫に大きさ財産を残せるという訳です

 

いやー我が一族の家訓にしたい()

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です