オナ禁初級者:個人差について① デメリットの個人差

 

こんにちは、Lです。     

 

今回皆さんにお伝えしたいのは個人差という考えについて。

 

 

デメリットの説明に、まずは「致死量」・「個人差」というキーワードを出します。

毒の強弱ををあらわすものとして致死量があります。図1は致死量をグラフに表したものです。横軸は検体に飲ませた毒物の量を表し、縦軸はその結果死亡した検体の割合を表しています。服用させた毒が少ない間は死亡しないが、ある量を境にして検体が死亡し始めます。このときの最小値をLD0といいます。
そして、投与量を増やしてゆき被検体の50%が死亡する服用量を50%致死量LD50、さらに投与量を増やしてゆき、最終的に被検体の100%が死亡した服用量を完全致死量LD100とよびます。したがって、致死量が少ない毒ほど強力な毒であることを表しています。http://www.kenq.net/dic/127.html

 

つまりは、死んでしまう薬剤の量(致死量)は全員同じではない。個人差があるのだ

 

他より抵抗力があるものもいれば、あっという間に死んでしまうものもいます。

 

この悪影響の個人差は、死だけじゃなくて、

気分の落ち込み、思考力の低下など何にでも言えるはずだ。

 

でも、実験用マウスに

研究者「何が具合悪くところは?気分はどうですか?」

マウスくん「うーん、この薬を注射されてから、気持ちが落ち込みがちでさあ」

マウスちゃん「なぜか頭が働かないの…グスン…」

 

なんて問診できないよね。だから生死で毒性を調べているのだ。

もし仮に出来たとしたら、気分の落ち込みや頭の回転も個人差があって、同じような曲線になるのだ。

 

オナニーも同様だろう。

オナニーによる悪影響(集中力の低下・スタミナの低下・モテないオーラの形成・脱毛)が出やすい人とそうでない人がいるはずだ。  

これらの悪影響を勝ち組☆出世レースで生き残る率として考えてみよう。 

(人生は出世が全てじゃない、人と比べても幸福はないとかそういうツッコミはやめてね。それは分かっている。ただ、生き抜くための活力のロスについて分かりやすく説明したいのだ。)

          f:id:sunrisez:20190920210811p:plain

まあ、オナニーやりまくって、

「こんだけオナニーに耽ければ問題も出てくるよな」って自覚しているならまだマシだ。

 

問題は、「全国的な平均回数をしてるだけだから無問題だ」と思っているのに、活力がなくなって競争社会で遅れを取ってしまう層がいることだ。

 

もちろん、オナ禁すれば何でもかんでも全て解決って訳じゃないよ。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です