オナ禁の注意点 オナ禁は交感神経を刺激する!?

こんにちは、Lです。

オナ禁効果はどこかオカルトめいてるけど、

胡散臭いものにしてしまうのはもったいないと思う。

だから、ちょっと科学的に考えてみよう。

オナ禁って交感神経がめっちゃ刺激されているよね?

ホルモンからオナ禁を考察

まず、ネットでよく挙がる効果を見てみよう。

・行動力が増す

・睡眠が減る

・痩せる

・好戦的になる…e.t.c.

どれもアドレナリンがドバーッて感じだ。

そして興味深いことにアドレナリンはドーパミンから作るのだ。

f:id:sunrisez:20191016210703p:plain

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%B3より引用

オナ禁によりドーパミンを放出させないでおくと、アドレナリン・ノルアドレナリンが高まるのではないかと思う。自慰による余計なエネルギーロスもないので、これらホルモンがいつも以上に放出できるんじゃないだろうか。

アドレナリンやノルアドレナリンは交感神経を高める。

これが、スーパーサイヤ人期の無双感に繋がるのだろう。

(スーパーサイヤ人期はドーパミンとアドレナリンの良いとこ取りな気がする)

自律神経が偏るのは良くない

自律神経には交感神経と副交感神経があるがけど、偏るのは良くないのだ。

交感神経:戦闘・体の損傷覚悟で戦闘モード・エネルギー消費は激しい

副交感神経:休憩・体の修復・エネルギー消費は緩やか

相補的なこれらの神経がバランスよく刺激されて生活している。

昔は「ヤベエ、寝なくてもこんなに元気だwww」と単純に喜んでいたけど、

改めて考えると、オナ効果の短時間睡眠が長い期間続くのは軽視できないのでは?

f:id:sunrisez:20191025195348g:plain

出典:http://jigokuno.com/cid_38.html

アドレナリンの過剰放出のデメリット

エネルギー消費に供給が追いつかなくなりがち

f:id:sunrisez:20191025200602j:plainf:id:sunrisez:20191025200556j:plain

その結果、オナ禁していて体重と体脂肪率が落ちるのだ。

私は体脂肪率が約10%落ちた。写真はアプリ連携の体重計、見にくくて申し訳ない…

(まあ、抗うつ薬をやめた影響もあると思う。)

もともとデブなんだろとか言わない。

ここまではまあ良い、だが筋肉も落ちてきた

これは明らかに摂取カロリーに対して使用カロリーが多いということだ。

これが続くとエネルギー不足になる。

エネルギー不足なのに、アドレナリンが出るというのは、

オナ禁によって負のスパイラルが始まっているのだ…これはまた別の記事に

この点、オナ禁と断食は相性が悪いと思っている。

だから、しっかりと食事運動(筋トレ)に励めば問題は最小限に抑えられるはず

理由は

・運動は自律神経のバランスを整えるため。

・筋肉にブドウ糖を蓄えられるため。

体のブドウ糖がなくなると体は糖新生を行い、つまり筋肉が消費されるのだ。

だったら、筋肉を付けておいて、ブドウ糖をたくさん蓄えておけば解決だ!

モテるため以外にも、オナ禁と運動・筋トレをセットでやる意味はあるのだ。

 

副交感神経が働かなくなる?

f:id:sunrisez:20191025194635j:plain

https://ameblo.jp/yudaganka/entry-10731292222.htmlより引用

脳について調べていると、グルタミン酸とGABAの関係も面白い。

ざっくりしか知らないが、グルタミン酸は興奮、GABAは抑制を司る神経伝達物質だ。

個人的な感覚では、アドレナリンやセロトニンは「やってやるぞ」・「まあやらなくてもいいか」などの意欲に、グルタミン酸とGABAは脳の実際の思考処理に関わっていると思う。

だから、アドレナリン↑でグルタミン酸↑じゃないかな?

興味深いことにグルタミン酸からGABAを作るようだ。

だから、頑張りすぎてグルタミン酸が大量消費になったらGABAが作られないんじゃないだろうか。実際、ラットではGABAはメラトニンの合成に関わっているらしい。(by wikipedia)。やはりこれらが睡眠時間の短縮に関わっているのか…??

さらに、GABAは生殖機能にも関わる可能性があるらしい(by wikipedia)。

だから、オナ禁中の無双感で頑張りすぎたり、長期オナ禁はリスクがあるのだ。

オナ禁(オナ減)はADHDに効果がある!?

ADHDの薬に、ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(ストラテラ)がある。これは、ノルアドレナリンの働きを強めるのだ。オナ禁が交感神経を刺激するのなら、オナ禁でADHDを緩和出来るんじゃないか??(正確にはオナ減を推している

私の実感として、オナ禁で注意力や集中力は上がった。しかし、ストラテラともインチュニブとも効き方が違う(あくまで個人的な感覚)。勿論、ノルアドレナリンが「適切な場所・量で」働くことが大事だから、「オナ禁がADHDに有効」ってのはまだ根拠が薄い。(下手したら逆効果かも。)でも、薬は副作用がつきものだ。うつ病のSSRIだって、長期服用のリスクが問題視され始めている。だから、発達障害グレーゾーンの人間は、良くなればラッキーくらいのつもりでトライして欲しい。

to be continued

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です