なぜ同性愛へ嫌悪感を持つ人間がいるのか?

こんにちは、Lです。

 

前回、性的指向を変更する医療を用意するべきと話しました。

www.l-biochemical-academy.com

 

実は、このメリットはもう1つあって、セクシャルマイノリティへの差別が激減します。

4パターンの同性愛へ嫌悪感を持つ人

思うに、

①宗教的にタブー。

②幼少からの異性愛を良しとする刷り込み。

③過去にLGBTから酷い仕打ちを受けた。

④自身も同性愛傾向を持つため。

 

①:外国では多いのでしょう。

でも、ローマ法皇もセクシャリティについての以下の発言が。

ローマ法皇もローマ(CNN) ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が同性愛者の男性に、創造主である神が「あなたをそのようにつくった」との言葉をかけ、性的指向は「問題ではない」と言明したことが分かった。

CNN.co.jp : ローマ法王、同性愛男性に「神があなたをそのようにつくった」

過激な思想の宗教以外はセクシャリティについて寛容になるのでは?

②:最近は減ってきましたね。

③:少数いるのかな?

 

問題は④

嫌悪感を示す人々は、実は自身に同性愛傾向があるとする報告が。

同性愛を毛嫌いする人、自らの同性愛傾向に苦しむ人、共に感じる圧力(ジュリア ショウ) | 現代ビジネス | 講談社(2/4)

こういう人は生粋のゲイorストレートじゃなく、ざっくり言えば両性愛…?。

 

セクシャリティは複雑

これはみんなに知ってもらいたいですが、異性愛or同性愛かの二択じゃないんですよ。実際、「両方イケる!」な人もいるワケで。そして、もっと複雑なんです…。

 

例えば、キンゼイは人の性的指向はグラデーションと報告した。

Prevalance of Homosexuality study

但し、反論もある。

Kinsey Was Wrong: Sexuality Isn’t Fluid

とは言え、異性愛者でもある程度の同性に魅力を感じる人間はいるとしている。

(この辺は、もっと研究を詰める必要がある)

 

だから、同性愛傾向があるけど、一方では嫌悪もしている人も。

例えば、ゲイ権利に反対する議員(妻子持ち)が、同性と性交渉していた。

ゲイ権利に反対の米議員、男性とのセックスがバレて辞職。多数のセクハラ疑惑も

心が落ち着かないから排除しようとする。れがLGBT差別に一番多いと考えます。

 

レインボーパレードのきっかけにも?

私が思うに、この④の連中が、宗教や刷り込み教育にかこつけて、好き放題にマイノリティへ差別をしていた。それに対して、セクシャルマイノリティーが団結して行動を起こした。

だから、どうすればお互いが仲良くやっていけるか?が、この差別・偏見撤廃の一番のカギと思います。

差別の大元の原因から打開できるほど、差別は劇的に減る訳です。

 

法律でLGBT差別の罰則を作れば良いのか?

仮に、「LGBT差別をやめよう」と法律で罰則を作るとして、全て解決でしょうか?

彼らが持つ嫌悪感はなくならない訳です。ますます、内心のヘイトは強まり亀裂は深まるばかり…。

今尚私も同性愛疑惑をかけられ、直接の差別はなくとも他人に距離を置かれる経験は結構あります。

 

そして、もしLGBTへの差別が完全に無くなれば、④の人間も安心してカミングアウトできて解決か?というと、そうじゃない気もしている。

④も④で異性・同性へ魅力・嫌悪の入り混じった感情・衝動で苦しんでいると思う。(でも、LGBTへの差別はダメ。④は今までごめんなさいと、まず謝るべきだけどね。)ここら辺がクィア理論の難しいところで、④も救って欲しい。

 

性的指向を自由に選べる選択肢を!

セクシャリマイノリティとして一番悲しいのは、自身らへの差別・偏見が再び起こることです。でも、性的指向を自由に選べれば、この④の人間による差別はなくなるでしょう。一番スッキリ解決しませんか??

 

しかし、デメリットもないことはないです。例えば、親に性的指向を変更を強要させられる恐れなど。

(しかし、④の人間に多い発想では?と思う。つまり、性的指向の変更の選択肢を提供すれば親自体のゲイフォビアはなくなり、子に強要することもなくなる気が…)

とは言え、今のあり方でも問題はあって、どんな選択肢にも、デメリットは必ずあります。

(※私は性的指向を変えたい派の人なので、この考えを支持できる様、無意識に都合よく論じているかもしれないことは、先に言っておきます。

 

いろんな選択肢のメリット&デメリットを比べて最善を選びましょう。

私は、選択権を与えるに一票。

 

完・面白かったら良いね・拡散してね!

 

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です