メンサ会員のIQ・スマートドラッグ研究所

こんにちは、Lです。

スマートドラッグ・サプリメントを聞いたことはあるだろうか?

広い意味ではみんな生活に取り入れているし、名前を変えていろんな場面で活躍している。

カフェインでやる気を出すのも、スマドラだ。それを言ったら、お酒(アルコール)の力で社交的になるのも含まれるかな?

発達障害薬はスマドラ界の氷山の一角だ。

しかし、注意力がなかった人間が、アトモキセチン(ストラテラ)を飲むだけで、

多動・衝動性のある人間が、グアンファシン(インチュニブ)を飲むだけで、ガラリと変わるのである。

そういう事が極端に起きている人は、努力でなんとかならないのに、飲むとガラリと変わるのだ。

これは、脳にはそれぞれの機能を司る部位があって、そこが機能不全(過剰活動or弱っている)だと、生活に支障をきたすのだ。

実は色々な精神活動に影響を及ぼす薬

これら薬は、知能だけでなくて、人間性(責任感、道徳観念、恋愛感情、感受性…)にも影響を及ぼすだろう。

例えば、俗に言う道徳ピルなるものもある。いずれ、本格的なものも登場すると思う。

飲めばモラルが向上するクスリ「道徳ピル」をご存じか

犯罪者予備軍に道徳ピルを飲ませれば世界は平和になる?

個人的に、凶悪犯罪者は先天的な脳の問題だろう。だから、凶悪犯罪者まで行かなくても自分がサイコパスだと思い生きづらい人間は、色々と試したら人格者になるかも。

他にも、抗うつ薬SSRIを飲むと恋愛感情が薄くなることも、その界隈では知られている。

抗うつ薬:性機能だけでなく「恋愛能力」にも悪影響の可能性

また、恋愛パートナーに選ぶ相手が変わる可能性についても…

実証研究が続々…飲むと人を愛してしまう薬「ラブ・ドラッグ」の効用

つまり、これからは薬を使って自分の脳を(ある程度)チューニングできる時代だ。これは知能(≒スマートドラッグ)に限らない。それこそ、Brain Hackingなのである。

例えば、人前で緊張しがちな人に対して、自己啓発本がある。「あなたは、ええかっこしいをやめなさい」とか説いている。でも、ガチで緊張しいな人はアドバイスではなんともならない。

しかし、特定のβブロッカーやMAO-A Inhibitorを飲むと嘘のようにアガらなくなる。むしろ、アガれなくなる(笑)。ドラえもんのひみつ道具のような劇的な変化だ。(一応言っとくと、緊張持ちの人はそう言う仕事は避けることが一番。でも、不可抗力でそう言う場面に出くわして、なんとか乗り切らないといけない時は、手段としてあるくらいに思って欲しい。)

引用:https://doraeiga.com/2013/himicon/

私はサプリメントよりも薬の方がはるかに強力に作用すると実感している。そして、私ほど薬をあれこれ試している人間は日本にいないだろう。

私はこれまでに、エフェドラベタヒスチンを紹介した。私自身、今使っている別のモノは仕事の責任感・周囲との連帯感を高めるので重宝している。今後、新たに紹介するかも。

これらは何によって起きているのか?、脳の部位ごとの機能のON/OFFは血液の巡り等が担っているのだろう。

だから、例えば血流の流れを変えることが出来れば、働く脳機能も変わるはずである。

そして、アプローチの仕方は実に多彩だ。受容体作動or阻害、血流・血圧調整(Caチャネル阻害)、酸素供給改善、cGMP、cAMP…いろんなアプローチがある。

多分、脳部位に本来必要な栄養や分子レベルのメッセンジャーが上手く届いていないために、機能不全を起こすのだ。

スマドラを使う上での注意点・危険性

但し、薬には危険性がもちろんある、私は安全性を保証できない。

だから、①私はまずは生活習慣やビタミンなどのサプリメントで何とかできないか試すことを推奨してきた。

さらに、②使うなら健康状態を人以上に注意するべし。睡眠は質・量共に良くとれているか?や健康診断とかでモニタリングすること。

加えて、③使用量には注意するべきである。基本的に、薬として認可されるには臨床試験をして安全であることがわかってから、市場に出回るのである。だから、推奨している頻度や使用量以下を守っていれば、大きな副作用の可能性は少ないと考える(但し、現時点でわかっていない副作用もありうる)。だから当然、危険ドラッグはダメ!絶対!

これらスマドラをオススメ・試しても良い人は?

サプリメントの類を試したり、薬の本来の使い方(ex.発達障害者が発達障害の薬を使用)なら心配はしていない。

しかし、そうじゃないなら使用する人を制限する必要がある。対象は、①精神病でない人、②健康じゃないといけない責任が少ない人間にして欲しい。

②はどう言うこと意味か?子供がいれば、少なくとも巣立つまでは健康でいる責任があるだろう。(子供がいなくても、親を看取るまでは生きるべきだけど。)

しかしこれからは、結婚しない割合がさらに増えるだろう。ホントは、国の今後のことを考えて子供を産んで欲しい。この原因は、格差社会や薬害によるニューロダイバーシティのせいだろう。

いろんな事情で結婚出来ない、上述した意味で責任が少ない人間なら、試すのもありかと思っている。

私自身も独身貴族を選んでいるのではなくて、出来ないから消去法で独り身なのだ。

そうであっても、こんなものに頼らなくてもなんとかなる人間には自力で頑張ってほしい

しかし、人様に仕事なりで迷惑をかけて、ジリ貧の果てに生活保護を利用したゆえ、自尊心をひどく傷付けてしまうくらいならこういう選択肢もありかと思っている。

人間って、誰しも自然発生した訳じゃなくて、ある程度物事を考える事が出来るまで育つのは、両親を始めとしたいろんな人の世話になっている訳である。だから、「人生ツマンネ、人生オワタ」と思っても、ゲームみたいに簡単にリセット(=自○)するわけにはいかないからね。人は辛くても生きねばならぬのだ。人間の人生ってある意味よく出来ているよ。。。

面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です